秋田のぎばさ

数ヶ月前、黒いカチンカチンの板をいただいた。
冷凍真空パックになったものを5、6個ほど。

半月ごとに食卓に出てくる。

最初チラと見たとき、メノリか?モズクか?と思ったが、「ぎばさ」というものらしい。

「あかもく」という海草だそうだ。


ネバネバネバネバ。

ヤマノイモやモズクや納豆やオクラなどネバネバモノは何でも好きだが、このぎばさのネバネバといったら半端じゃない。

このぎばさの旨いことといったら。

もう30年ほど前、能登半島の漁師の家に泊めてもらったとき、めちゃくちゃおいしい海草サラダ?(サラダというより、海草てんこ盛りのあっさりおかず)をご馳走してもらったとき、こんなおいしいものがあるのかと思ったが、そのとき以来の感動モノ海草だ。

舌触りもヌメヌメだけではなく、それなりに芯があり、食べ応えもある。



いただいたものは味が付いていないものだったので、それこそいろんな料理に。

単にポン酢としょうゆで味付けしてガバガバかきこんだり、海鮮丼風にマグロなんかと一緒にドバリとご飯にかけて食べたり。

ネットで探してみるとオムレツに入れたり、餃子に入れたりもいいらしい。
次回はそれに挑戦だ。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://umaimon.tenka.ciao.jp/trackback/22
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.